スローなプレイでじわじわと興奮を高める風俗サービス

最近、大宮 デリヘルの楽しみ方が少し変わってきました。以前までは風俗嬢のサービスに過激さと、それに伴う刺激を求め、激しくせめぎあうプレイスタイルが大好物でした。それが今では、ソフトに思えるサービスに興奮を覚えるようになっていったのです。そのきっかけは、とある風俗嬢との出会いでした。仰向けになってサービスを受けている最中、彼女も私の横に横たわってきたのです。そしてゆっくりと体を絡ませていき、長時間のキスを求めてきました。いかにもいやらしいキスを堪能すると、それが異常なほどの興奮を覚えさせました。その後のプレイも、その状態のままで乳首や首筋をねっとりと責めていき、片方の手でペニスをゆっくりとしごきあげたりと、終始ゆっくりのプレイが展開されたのです。こんなにもスローな動きでサービスをしているのに、これが実に気持ちいいんです。激しいサービスとはまったく質の違う気持ちよさとでも言いましょうか、新鮮さと未知の気持ちよさをいつまでも感じつつ、最後は、彼女と見つめあいながら手コキで射精しました。エッチなサービスの良さは、過激さでもアクティブさでもないと彼女に教えられたようで、この体験以降、このスローなプレイにはまっています。

性感風俗の乳首責めでいかされるのが大好物の私

性感風俗をよく利用するのですが、実は下半身のマッサージよりも乳首責めをされることに興奮を覚える私です。仰向けにされて風俗嬢の性感マッサージが始まると、まず上半身のほうから優しく刺激を与えてくれます。首筋あたりから始まり、乳首へのマッサージが始まると、この部分を丹念にマッサージしてもらうようお願いしています。まずは周辺からフェザータッチで責め始め、徐々に中心部分に向かって触れていくのですが、このわずかにタッチしている感触が、何ともたまらない気持ちよさをもたらしてくれるのでした。そして一気に変わるい大胆なタッチ、ここでMが覚醒します。乳首をつままれたり、擦られたり、そして口で吸われたりすると体中に電流が駆け巡り、まだ触れてもいないペニスが大きく膨らむのでした。その後も乳首責めだけでは続行してもらい、下半身マッサージはおまけ程度の感覚でこれを楽しみ、最後が乳首の気持ちよさで射精する感覚で手コキ発射するのが、私が最も気に入っている発射スタイルです。

感度抜群のスレンダー風俗嬢を何度もいかせまくる

ここのところ巨乳風俗嬢ばかりを相手にしてきたのですが、たまにはタイプの違う女性も抱いてみたいと思い、スレンダーな体型をした風俗嬢をデリヘルで探しました。すると、その見事な体型に負けないほどの整った顔立ちをしている美人を確保することができました。彼女は話していて、とても心地よくさせてくれる女性でした。話し上手、聞き上手だったので、つい時間をかけて話し込んでしまいましたが、話を泣く泣く切り上げて、彼女の美しい裸体を拝ませてもらいました。巨乳もいいですが、改めてスレンダー体型もいいと、その時思いました。ほっそりしていながらも、女性らしい体のラインはちゃんとあって、無意識にあちこち触ってしまったほどです。そして肌を合わせて最初に思ったのは、彼女の良い香りでした。そんな芳しい匂いの中、彼女を責め始めると、彼女はたくさん感じてくれました。贅肉が少ないためなのか、元々感じやすい体質なのかは分かりませんが、どこを触っても体をよじり、喘ぎ声を発するのです。これは男のエッチ魂に火を点ける、最高の反応です。つい責めることに夢中になってしまい、彼女に止められてしまったほどでした。それもそのはずで、私が覚えているだけでも3回はいっていましたし、のめり込んで覚えていない時間の間も、おそらく何回かいっているはずで、これ以上は彼女の体が持たなかったのでしょう。それだけ責め応えのあるスレンダー体型、その感度のよさを、また近いうちに味わいたいと思っています。